ボート免許取得

ボート免許って何?

一 般には「ボート免許」と呼ばれていますが、正式には「小型船舶操縦免許証」といい、船舶職員及び小型船舶操縦者法により定められ、国土交通大臣が発行する 国家資格です。すべてのエンジン付きボートやヨット、水上オートバイを操縦する場合には、ボート免許が必要となります。
※ 長さ3m未満、推進機関の出力1.5kW(約2.04馬力)未満の船舶を除く。

1級から特殊小型まで3種類あるボート免許。1級を持っていれば、すべての小型船舶を(特殊小型船舶を除く)すべての海域で操船することができます。しかし、陸岸が見える範囲内でフィッシング、クルージングなどを楽しむのであれば、2級免許で定められている5海里という航行区域は十分といえます。また、マリンジェットなどのパーソナルウォータービークルで楽しみたいのなら、特殊小型免許でOKです。つまり、自分のプレイフィールドやスタイルにマッチしたボート免許を選ぶことが重要なのです。

■操船できる船の大きさ

 総トン数20トン未満、長さが24m未満のクルーザーボート、クルーザーヨットです。
※18歳未満の場合は、総トン数5トン未満限定となります。

■航行区域
湖、川、海岸から5海里(約9キロメートル)までの海域となります。

■取得年齢
満16歳以上からです。
※18歳未満の場合は、総トン数5トン未満限定となります。

 

カタオカの「2級小型船舶操縦士講習」

カタオカでは、2級小型船舶操縦士免許の学科講習は札幌でも行っております。
特殊小型講習を小樽にて一日講習で行っております。
自信のない方、不安な方は是非お越し下さい。
ベテランの指導員が一人一人にあった指導をいたします。

ボート免許2級コースご案内

こちらの申込用紙です。

 

カタオカの「特殊小型講習」

特殊小型免許とはマリンジェット(水上オートバイ)のための専用免許です。
1級や2級のボート免許を持っている人でもマリンジェットを楽しむためには特殊小型免許が必要になります。
■対象船;水上オートバイ
■航行区域:乗船する船舶ごとに規定された区域

★__学科講習は無料にて小樽市内で開催しています。__★

 

2022年度特殊小型コース日程

 

お申込み書はこちら。

 

まずはこちらからご予約下さい。

 

 

株式会社カタオカへのご依頼・お問い合わせはこちらから。